RECHACO REPAIRS

Chacoサンダルは製品寿命に優れた設計がされており、USAの工場でソールやウェビングの修理交換が可能です。


Rechaco Repairs / リチャコ リペア

Chaco社では創業当時から環境に配慮しており、一つの製品と長く付き合っていけるように修理体制が整っており”Rechao”と呼ばれております。Rechacoはアメリカ、グランドラピッズにある工場で1つ1つ職人の手によって行われおり、現在もしっかりとブランド理念が守られております。


●修理対象モデル●

Classic & Cloudシリーズ 各Z1、Z2、ZX1、ZX2、Tegu(旧Chong)


●修理品回収期間●

2019年9月17日~2019年10月15日必着。 ※次回は2020年3月~予定


●修理のお申込み●

ご購入店もしくは、お近くのA&F直営店までお持ちください。 送付での受付も可能です。その場合は直接店舗へご連絡ください。


●納期●

2019年12月初旬お戻し予定。 ※修理品の納期に関しましては修理状況等によりまして多少前後いたしますので、あらかじめご了承ください。


●修理金額について●

ソール張替え ¥6,800(別途消費税)
ウェビング交換 ¥5,800(別途消費税)
ソール交換+ウェビング交換 ¥11,000(別途消費税)
バックル交換 ¥2,500(別途消費税)
サイドロゴリペア ¥1,000(別途消費税)

※修理代金は両足、片足に関わらず上記の価格になります。 剥がれたソールを利用しての接着は行程上できません。


●修理についてのご注意●

  • サンダル本体にひびがある製品や、ミッドソールまですり減っている製品は行程上、破損の恐れがある為、修理ができない場合があります。また、Chaco社以外で修理、改造が行われた製品は修理ができません。
  • 修理品は砂、泥、皮脂などの汚れを中性洗剤を使用してブラシ、たわしなどできれいに落としてください。 洗浄作業が発生した場合は費用として¥2,000円(別途消費税)が予告なく発生します。

ソール交換が可能なソールは、現在下記3種類となります。

Chaco grip™ソール

独自開発のChaco grip™コンパウンド・ノンマーキング・ラバーソールによって従来のソールよりトラクション・グリップ力といった性能が大幅に向上しました。進化した性能を最大限に引き出す、男女それぞれに特化した新しいアウトソールデザインです。ラグの深さ:M's / 3.5mm、W's /3.0 mm

コロラドソール

ビブラム社製 TC-1 コンパウンド、深さ3mm ラグのラバーアウトソール。 滑りやすい路面条件において、優れたトラクション性を実現するために表面積を最大限にした薄めの軽量ソールです。 ノンマーキング。 USA製。

テレノソール

ビブラム社製 TC-1 コンパウンド、深さ4.5mm ラグのラバーアウトソール。 バランスの取れたグリップ力・トラクション性を持つ厚めのソールはトレッキングから旅行までオールマイティーなソールです。 ノンマーキング。USA製。


ウェビングベルトにつきましては、現在修理工場にあるものでの対応となります。 下記より、ご希望カラーをお選び下さい。


※ウェビングベルトカラーに関しましては、希望カラーが無い場合もございますので、修理をご希望の際は、第二希望までお選び下さい。 なお、ウェビングベルト交換は、両足での対応となります。


Chaco 製品保証

Chacoの製品は接着部、ステッチ、ウレタン素材とどの部分を見ても、耐久性と持続性にかけて右に出るものがありません。Chaco社の製品は、その製品の寿命がある限り、製造上の欠陥に対し保証されます。ただし、製品の消耗や経年劣化、加水分解が起因する剥離、誤使用による破損、足へのフィット上の問題、第三者によっての修理、改造された製品は保証の対象外となりますので、ご了承ください。 製品保証に関してのご質問は、コンタクトページから、又はお近くの販売店にてお問い合わせ下さい。